初心者向けのせどりジャンルについて

初心者でせどりを行い利益を上げる場合、必ずと言ってよいほど気を付ける必要がある物は、置き場所と売れるかどうかです。まず置き場所については、実は売る商品が小さければ問題は起きにくいです。そして次に売れるかどうかですが、こちらも同様絶対に需要が出る製品であれば売ることは可能です。ではどのような商品が需要があるかを説明します。まず、売れやすい傾向としてはゲーム機などが挙げられますが、ゲーム機本体を販売する場合、注意点としては価格競争になりやすい点と、保証などの観点から実は転売商品を購入してくれる人は少ないのです。では何が売れるかと言いますとゲーム機に装着するものが売れやすいのです。例えば液晶保護をするフィルム、ゲーム機のコントローラーやメモリーカードなどレトロなゲーム機のコントローラーやメモリーカードなど過去のゲーム機に使用されていたゲーム機に使用する機材であれば売れやすいです。ゲーム機本体の中古とコントローラーやメモリーカードの中古であれば、きちんと動作をすることが確認さえされていれば売れるということです。ゲーム機本体の場合、どうしても中古であれば動くということを確認していてもいつまで動作をするかが問われます。この点が転売においてゲーム機反対は売れにくいのです。これはもちろん新品のゲーム機本体の場合であっても同様で、保管方法などを考えたりした場合、保管状態が個人の家の場合やはり同様に保証切れなどもあり売れないのです。コントローラーの場合は保証が切れていてもそれほど高額にならない上、中古であれば同様に価格も安くまた、修理自体可能なものもありますので自分で修理をする方もいます。ですが、本体となれば話は別で特に、ディスクタイプのゲーム機ともなれば構造が複雑でコントローラーの様に分解して修理することはまずできないのです。一方メモリーはと言うとメモリーカード自体は耐久性が高く、新品であっても中古であっても水没さえしていなければ保存が効き、邪魔にもならないため、転売において万が一売れ残ってもいずれ売れます。このように売れなくても邪魔にさえならなければ後から売れればそれでよいという製品もあります。この邪魔にならない、売ることが可能でありそれなりに流通している、保証が効く、または修理することが容易であるなど様々な特性がある製品であれば転売において売ることが可能で以上の特性が一つもない製品においては転売には向いておらず、せどり初心者には売買することが難しいジャンルになります。せどり初心者は最低でも、転売商品が売れ筋商品であること、需要があること、中古で販売しても後々揉めないこと、商品の在庫が倉庫などを圧迫しないことを確認してから販売することが大事です。この注意を守らないと商品が売れても、商品自体に問題があった場合、対応する必要が生まれ評価という形で自分に跳ね返ってきます。評価を無視した場合、最悪誰からも商品を購入してもらえないということにも繋がりますので初心者のうちは上記の注意点を守り商品を売ることを心がけるべきです。