ユーチューバーの収入源

ユーチューバーはただ動画を投稿しているのではなく、複数の収入源から収益を得ています。いくつかの収入源を組み合わせることで、より多くの収入を得られるようになることが期待できます。 では、どういった収入源があるのかみていきましょう。 ●広告収入 Googleアドセンスに登録をして、自分の動画に広告を掲載して収入を得る方法です。 広告には2つのタイプがあります。 1つは動画タイプの広告です。視聴したい動画の最初や途中に広告動画に表示されることがあります。この動画が視聴されると報酬が発生します。 もう一つはクリックタイプです。動画視聴中に動画の下部に表示されるものと、動画の横に表示されるものがあります。この広告がクリックされると報酬が発生します。 動画視聴回数が多いほど広告が表示される回数が増えるため、収益を得やすくなります。 ●企業とのタイアップ動画 ユーチューバーへの社会への影響が大きくなってきています。この点に着目したのが企業です。 チャンネル登録者数が十数万以上のユーチューバーに企業の商品やサービスの紹介依頼が企業からされることがあります。チャンネル登録者数が多ければ、動画再生回数が多く、企業の商品を効果的にアピールできるのです。ユーチューバーが紹介した報酬として報酬料が支払われます。 たとえば、ペット動画を紹介しているユーチューバーに対して、ペットフードの紹介をしてもらうといった依頼があります。 ポイントは広告っぽくないことです。「こういった商品があります」「使ってみてよかったです」といったふうに、強く売り込みはしていない特徴があります。こうすることで、視聴者は最後まで安心してみることができます。 ●チャンネルメンバーシップ機能 YouTubeにはチャンネルメンバーシップ機能というものがあり、毎月料金を支払うことで特定のチャンネルのメンバーになることができます。メンバーになった人には、チャンネル独自の特典がもらえます。芸能人のファンクラブに似ています。 ただし、チャンネルマンバーシップ機能を使うには条件をクリアする必要があります。また、一般人のファンになりたいと思う人が少ないように、ユーチューバーもある程度の人気がでないとメンバーになってくれる視聴者を増やすことは難しいです。 ●オリジナルグッズの販売 Tシャツやストラップなどオリジナルの商品を作って販売する方法です。オリジナルグッズを作成している業者をインターネットで探して作ってもらうことができます。 動画内や動画説明にオリジナルグッズの販売を紹介してみると、興味を持ってくれる人が出てくるかもしれません。